上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.13 光の射す方へ
WBCで日本対アメリカの試合が今日の早朝行われました。3-3の時点までじか見れなかったんですけど、いい試合してました。久しぶりに野球見て面白いなと思いました。

結果は3-4で負けてしまったわけですが、すっきりしません。8回の日本の攻撃で岩村の犠牲フライで一度は得点したのですが、タッチアップのスタートを切るのが早いのではないかとの抗議を受け、判定が覆ってしまいました。日本のプロ野球で判定が覆るというのはあまりないように思えます。

本当にスタートが早いのなら仕方ないかと思えるのですが、実際にニュースの映像で見ると、捕球した後にスタートを切ってるように見えます。まあ、2つのカメラを使っての映像なんて、編集してる人間のさじ加減一つでどうにでもなるし、どこまで信用していいのか分かりませんけど。

人間がやってることですから間違いがあるのは仕方ないのですが、おかしいのはこの判定を覆したのが主審だということです。一番近いところで見ていた塁審じゃなく、離れたとこで見てた主審が覆してます。タッチアップ後、アメリカの選手が早いのではないかとアピールしますが、一番近くで見ていた塁審はセーフのジェスチャーをしてます。そして、アメリカの監督が出てきて主審に抗議してひっくり返ってます。納得できる訳がありません。誤審云々じゃなくて、フェアじゃないですね。アメリカで開催されてる時点でこういう事まで想定してないといけなかったのかな。日本だって亀田の反則ローブロー認めてるし。

この大会のあり方についておかしいと思ってました。アメリカで開催されるのはいいとしても、審判はアメリカ人だし、対戦国の組み合わせがアメリカ勝たせる為だろって言いたくなるような組み合わせです。

参加国の中では、アメリカ、プエルトリコ、ドミニカ、ベニズエラが強くて、次にキューバー、日本や韓国はその次ぐらいという評判でした。最初に挙げた4ヶ国の中でアメリカは決勝まで他の3ヶ国と当たりません。自国開催、自国審判、圧倒的に有利な組み合わせ。優勝したとしてもデキレースと言われても仕方ないのに、その上誤審疑惑まで出てきてしまいました。

日本が負けたから文句言ってる訳じゃありませんよ。おかしな判定で日本が勝ってても文句言ってると思います。俺はこのWBCで日本はボロ負けすればいいと思ってましたから。でも、今はちょっとだけ応援してます。残り2試合連勝して、決勝トーナメント進出して、もう一度アメリカと試合して欲しいです。

オリンピックの時に長島ジャパンと言われてたが、今回こそ長島監督でいって欲しかった。判定が覆った後、王監督も通訳を通して必死に抗議してたが、あそこはやはりミスターの出番でしたね。お得意の英会話とジェスチャーと擬音で必死に抗議するミスターが見たかった。そんなシーンが見れたなら、負けても仕方ないと納得できたかもしれないのに。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。