上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月3日にメジロマックイーン(牡19)という種牡馬が死にました。
現役時代、メジロマックイーンはそれはそれは強い競走馬でした。通算成績は21戦12勝で、GⅠ4勝。メジロアサマ、メジロティターン、メジロマックイーンと父子3代による天皇賞(春)制覇、史上初の賞金10億円獲得などの偉業を成し遂げてます。また、91年の秋の天皇賞では1着で入線しながらも他馬の進路を妨害したとして18着に降着になったりした。天皇賞(春)4代制覇は残された産駒に託されたが、かなり厳しいだろう。

長々と書いてきたが、メジロマックイーンにそんなに愛着ないんですよね。俺が競馬始めて半年ぐらいで引退したから。もちろん強い馬だというのは知ってたけど、やっぱり見続けた馬じゃないとね。
てことで、昨年の11月7日にライブドアで書いた記事を移転させます。


昨日の早朝、ナリタトップロードという種牡馬が死にました。この馬に愛着があった競馬ファンは多いと思います。若手ジョッキー渡辺薫彦を乗せて、最強馬テイエムオペラオーに挑み続ける姿は応援せずにはいられませんでした。

この世代のクラシックはテイエムオペラオー、ナリタトップロード、アドマイヤベガの3強が中心になって引っ張り、仲良くそれぞれ一つずつGⅠを勝った。三者三様の個性を持った馬がぶつかり合ったこの年のクラシックはとても面白かった。

鞍上に天才武豊を要するサンデーサイレンス産駒の超良血馬、アドマイヤベガ。
かつてのスターホース、サッカーボーイを父に持ち、沖調教師と渡辺薫彦騎手の師弟コンビが送り出す、ナリタトップロード。
世界最高の種牡馬との呼び声もあるが、なぜか日本ではあまり走らないサドラーズウエルズの血を持ち、若手の和田竜二騎乗の、テイエムオペラオー。

サンデーサイレンス産駒で溢れかえる事が多いクラシックで、それ以外の血統の馬が2頭も世代最強争いに加わってた。しかも、3強のうち2頭に渡辺と和田という若手ジョッキーが乗ってた。例年ではとても考えられないような年だった。この年のダービーは騎手の差がそのまま出た印象だったが、最後の1冠の菊花賞で渡辺がナリタトップロードを勝利に導いたのには、トップロードの単勝を買ってた事もあってか、ちょっとだけ胸が熱くなった。

そして、古馬になりアドマイヤベガがリタイヤし、オペラオーとトップロードの最強馬の座を掛けた闘いが始まったのだが、ことごとく敗れるトップロード。運も悪かった。雨が得意のオペラオーに対して、雨が苦手なトップロード。両馬が揃って出走したレースの日はなぜか天気の悪い日が多かった。

この年、GⅠ5勝、GⅡ3勝の8戦無敗という前代未聞の偉業を達成し最強馬の地位に就いたテイエムオペラオーに対し、ナリタトップロードは7戦0勝。そのうちの6戦はテイエムオペラオーとの直接対決で敗れ、打倒テイエムオペラオーの一番手という地位もメイショウドトウに奪われるという屈辱にまみれた年となった。

その後テイエムオペラオーに勝つ事は二度となかった。それどころかGⅡ4勝のみとGⅠを勝つこともなかった。最強馬のライバルの一員という地位に甘んじる事になったが、人気では一番だったと思う。その後6歳まで現役を続け、30戦8勝という成績を残して引退した。

トップロードのお陰でいくら損をしたか計算するのも恐ろしい。春の天皇賞で3年連続で軸馬にして、3年連続で3着に沈んだ事も今となってはいい思い出だ。ディープインパクトのように圧倒的な強さでファンを引き付けるのではなく、なかなか勝てそうで勝てない焦れったさと大きな怪我もせずにひたむきに走る姿が思わず応援せずにはいられなくなるような馬だった。

種牡馬となりサッカーボーイの後継としての期待も大きかっただけに、ショックは大きい。3世代で約300頭の産駒を残してるので、なんとか活躍馬が出て欲しい。あり余ってるサンデーサイレンスの血でなく、貴重なサッカーボーイの血をなんとか繋げて欲しいものです。ヒシミラクルにも期待です。3強で生存してるのがテイエムオペラオーだけになってしまったのは、何とも言えない気分です。

命日となった11月7日は、ナリタトップロードが生涯唯一のGⅠ勝利を飾った菊花賞が行なわれた日だったというのは、感慨深い思いにさせられます。
それにしても、最近若くして死ぬ馬が多いな。

なりたとっぷろおどの鬱な日記 収集復活
これ面白いです。読んでるとあの頃が蘇ります。
2006.04.04 地球ラブ
4月4日は「おかまの日」だそうです。3月3日が女の子の日。5月5日が男の子の日なので、中間の4月4日は「おかまの日」となったみたいです。決められた理由から考えても、日本限定ぽいですね。

8月15日を終戦記念日としてるのも日本だけらしいです。他の国では第二次世界大戦が終わったのは、9月2日になってるそうです。8月15日はあくまでも日本が勝手に戦争を止めると決めた日で戦争が終わった日ではないそうです。

記念日とかはなるべく世界共通にすればいいと思うんですけどね。その方が色々と都合が良さそうなのに。記念日だけじゃなく、通貨や言葉も統一できないのかな。言葉は無理でも、手話ぐらいは早急に統一した方が良さそうですね。手話なんて国別に違いを出す必要なんて全くないだろうし。その方が便利そうなのに。俺が気付かないだけで色々と弊害があるのかな。

色んな事を統一して世界が一つの基準で動けくのが理想ですね。世界がそんな感じで動けば便利になるだろうなとか思いました。とりあえず野球の公式ボールとストライクゾーンは統一した方が絶対にいいだろ。
2006.04.03 So Fine
金曜日の夕方に意識して桜を見た時は、満開までもう少しかなって感じだったのが、わずか2日目を離しただけで満開となり散りかけている。散るのも早いが咲くのも早いな。土曜は筋トレとゲーム三昧、日曜もゲーム三昧だったので桜を見る機会がなく油断してました。

今日の仕事中に桜が満開なのに気付いたので、夕方のジョギングのコースを桜が咲いてるコースに変更した。夕方の早い時間だったので花見客もあまりいなかったし、暖かくて桜も満開でとても快適な日でした。でも、なんか去年の方がキレイだった気がするんだけどな・・・。

最近仕事以外の時間の大部分を「サカつく」に使ってしまってます。面白いんですけど、時間がかかりすぎます。かなりやってるのに、やっと1年目終了です。オランダ2部リーグでプレーし、同点で1位だったけど、得失点差で2位となったのですが、プレーオフで勝ち抜いて1部リーグ昇格です。

オランダリーグ制覇、チャンピオンリーグ制覇とまだまだ先は長いです。1部リーグ昇格の初戦でアヤックスと闘ったのですが、ヨハン・クライフらしき選手がいました。さすがクライフですね。ゲームの枠を超えたような動きをしてました。金貯めて有名選手獲らないと上位争い厳しいですね。ちなみにゲームに出てくる日本人選手はいいカモです。非常に高額で売れます。現実でもこんな感じなのかな。
現在は好景気のようだ。

2002年2月から始まった現在の景気拡大期は、4月も拡大が続いて期間が4年3か月となり、バブル景気(1986年12月~91年2月)と並ぶ戦後2番目の長さになることがほぼ確実となった。

とのこと。
みんな本当に景気がいいと思ってるのだろうか。

モノがよく売れて企業の利益が上がり、個人の所得が増えるよい状態を好景気とか好況といいます。世の中の金まわりがよく、経済活動が活発な状態です。
逆に、モノの売れ行きが悪く企業の利益が減少し、個人の所得が減る悪い状態を不景気とか不況といいます。世の中の金まわりが悪く、経済活動が不活発な状態です。

パート・アルバイト、派遣社員、契約社員などの非正規雇用者は15年前が900万人程だったのが、現在では1600万人にも増えている。更にこれに完全失業者が290万人いるらしい。安定してる仕事に就いてる人間が減ってるのに、経済的には好転してると見るのはどうなんだろ。単に人件費減らして利益出してるだけじゃないのか。

一部の人間しか実感できてない好景気なんて好景気と言えるだろうか。まあ、言えるのかと言ったところで、言ってるのだから仕方ないが、景気の良し悪しなんてのは、ほとんどの国民にとって関係のないデーターだったようだ。そんな一部の人間にしか関係のないデーターをわざわざ大々的に発表する必要があるのだろうか。

今フランスでデモが起こっているが、若者の雇用対策をめぐって起きている。フランスでも若者の失業率が高くて深刻な問題となってるのだが、ドビルバン首相が打ち出した雇用促進法とは、企業が26歳未満の若者の雇用に限って2年間は理由なしに解雇できるとした「初期雇用契約」(CPE)。

政府としては、フランスも日本と同じように終身雇用制の為、一度雇うとどんなボンクラでもずっと雇い続けないとならない。それでは企業は若者の雇用に積極的になれないから、このような法律を設けることで若者の雇用が拡大すると見てるようだ。これに対して若者や労働組合などが解雇の乱発を招くとして猛反発し、全国的なストライキとなった。

政府の言い分も分かるけど、理由なく解雇できるというのは乱暴すぎですよね。一時的には雇用が拡大するかも知れないけど・・・。どうなんだろ。政府の言い分と雇用者側の言い分とどちらが正しいのかは分からないけど、雇用問題に取り組もうとする姿勢は理解できますよね。

日本のような積極的に2極化を進めて景気回復してるじゃんって言ってるよりも、よほど評価できると思うのですが。自民党のやり方が気に入らないんだったら、対抗勢力に投票すればいいのだが、対抗勢力があんなだからどうにもならない・・・。

メール問題ってそんなにみんな興味あるの?マスコミと議員が騒いでるだけのように感じるのだが。「偽のメールに騙されました。ごめんなさい。」で終わりでいいと思うのだが、情報源まで突き止めて、証人喚問するとか。そこまでするようなことなんですか。政治家の証人喚問の時はあの人は呼んだらダメだとか言ってできないくせに、一般人の場合は簡単に呼びつける。今からでも橋本龍太郎の証人喚問やれよ!って思うのだが。

元は堀江から金が流れてるかどうかってことを追求してたのに、いつの間にかそれはどうでもよくなって、メールの出どころが焦点になってる。耐震偽造問題も中途半端なまんまだし。やらなきゃいけないこと一杯あるのに、メールなんかどうでもいいだろ。よっぽど明るみに出たらヤバイことがあったのかな。

まあ色々あるけど

靖国神社でプロレスした大仁田は死ね
2006.04.01 おだいじに
今年も花粉が飛んでますね。今年は花粉の量が少ないみたいだが、ドラッグストアに行くと花粉症コーナーなど設けている。この苦しみは花粉症になった人間にしか分からないとかいう。東京都の石原都知事は自分が花粉症になったが為に、都内の杉の全て伐採するとか聞いた。花粉症対策費用として東京都の予算に27億円が組み込まれてるらしい。

東京都だけじゃなく全国的にやってもらいたいものです。薬を作ってる薬品会社なんかはかなり影響受けるだろうけど、花粉症で困ってる人はかなりいるだろうし、何とかして欲しい。でも薬品会社から献金受けてる政治家なんかが必死になって反対するんだろうな。

外人も花粉症になるのかな。あまり聞いたことないけど。ヤンキースの松井が花粉症で苦しんでるから花粉が飛んでないってことはなさそうなのに。もしかして日本人特有のアレルギー?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。