上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電車内で女性に痴漢行為をしたとして現行犯逮捕されたものの、不起訴となった東京都国立市、元会社員沖田光男さん(63)が「虚偽の申告で、証拠もないのに不当に逮捕、拘置された」として、被害を申告した女性と国、都を相手取り、計約1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が10日、東京地裁八王子支部であった。

 松丸伸一郎裁判長は「女性の供述は具体的で、痴漢行為があったと認められる」として、沖田さんの請求を棄却した。沖田さんは控訴する。

 判決などによると、沖田さんは1999年9月2日午後11時ごろ、JR中央線の電車内で20歳代の女性に下半身を押しつけたとして都迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕された。

 その後立川署に21日間拘置され、同署や東京地検八王子支部で取り調べを受けたが、一貫して容疑を否認、同年12月に嫌疑不十分で不起訴処分になった。

 沖田さん側は「女性は車内での携帯電話の使用を注意された腹いせに、事件をでっち上げた」と主張していたが、松丸裁判長は女性の供述内容について「供述は詳細で、実際に行為を受けなければわからない内容で信用できる」と認定。この供述に基づいて警察が逮捕、検察が拘置請求したことはやむを得ないとした。

(2006年4月10日12時16分 読売新聞)


刑事で有罪が立証されずに起訴が見送られたものが、民事で有罪だと判断され損害賠償請求が棄却されましたってことですよね。
素人だし法律とか詳しくないけど、こういう事って結構あるのかな。
原告と被告の言い分が全く異なってるんだし、目撃者探して話聞いたりしたり、その他諸々の状況から考えて不起訴となったのに、民事でそれを覆して有罪と判断するのって無理があるんじゃないでしょうか。

刑事事件で起訴された人が有罪となる割合は99.8%だそうです。つまり勝てそうにない事件は起訴しないようにしてるみたいです。検察が立証できないと判断したものを覆すのは不自然じゃないかなってド素人ながらに思うのですが。

この事件の真実はどうなのか分かりませんけど、痴漢冤罪って結構あるらしいですね。電車に乗ってるだけで一生を棒に振るかもしれない身に覚えのないトラブルに巻き込まれたら溜まったもんじゃないですね。
俺が住んでるところは田舎で車での移動がほとんどで満員電車なんて滅多に乗らないけど、毎朝満員電車で通勤してる人とか恐ろしいですね。いつ発動するか分からない罠が仕掛けられてるようなもんだし。

この人も痴漢冤罪で戦ってます。
Chikan-Enzai Higaisya Network-seibu3

痴漢冤罪に限らず、世の中には冤罪って一杯あるんでしょうね。
これもかなり不思議な事件です。


あと、数日前にニュースで見たんですけど、シンガポールから日本に伝説の空手家を探しにきて冬山で遭難して亡くなってる人達がいました。
不謹慎かもしれないけど、このニュース聞いた時笑ってしまいました。
誰だよ。伝説の空手家って。ゴッドハンドならとっくに死んでるのに。
青森の山奥にいるって情報だけを頼りに探しに来たみたいです。シンガポール人、行動力ありすぎです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。