上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3時半からチャンピオンリーグの準決勝見るから早く寝ないといけないけど、ブログも更新しないといけない。チャッチャと更新して寝たいが、ネタがない。考えてる時間もない。それでもできるだけ毎日更新したい。ヤンキースの松井並みに姑息な手を使っても連続試合出場は続けたい。しょうがない過去に書いた記事を使うか。
ライブドアでブログしてた時に書いた記事です。


コンビニで「サラブレ」という雑誌を買いました。「サラブレ」とは、競馬情報誌です。付属のDVDが付いてて、これに過去の名レースなどが収録されてる為、以前はよく買ってたんですけど、最近は買ってませんでした。

なぜ今回買ったかと、PCの壁紙やスクリーンセーバー、デスクトップカレンダー&クロックなどが収録されたCDにつられたのと、菊花賞前に発売されてた雑誌なので、ディープの2着予想をどんな感じでしてたのかを見たかったからです。原稿書いてからレース当日まで時間があるから、当てるのは難しいだろうけど、誰一人アドマイヤジャパン押してませんでした。

で、パラパラっとページを捲っていくと、この手の雑誌にはつきものの幸運をよぶ石の広告が載ってました。ちゃんと読んだことなどなかったんですけど、改めて読むと凄いですね。

日本ジオテクノという会社が発売してるフレアストーンという石で、幸せになった人が何人か紹介されてたんですが、その中でも特に凄いのが、茨城県出身の松井茂さん(59)。

松井さん、一年半前はホームレスでした。それがなんと、今ではニューヨーク在住で大手IT企業N.Y.エリア取締役。ホテル・レストラン含め12店舗経営しており、推定年収が23億円、総資産55億円だそうです。高級リムジンを7台所有。休日は恋人と西海岸の別荘。ニューヨークの財界では「バットを持たず夢を掴んだマツイ」と親しまれ、時の人となってるそうです。フレアストーンのブレスレットを3つもつけてました。

ホームレスからどうやってのし上がったかというと、有り金はたいてフレアストーンのブレスレットを購入し、郵便局に品物を取りに行くと、偶然後輩と遭遇。で、彼に身の上話をしたら、後輩曰く「ぜひうちの会社で働いて欲しい」とのこと。なんと後輩は大手IT企業の米国本社長だったそうです。そこからはトントン拍子。アメリカに行き仕事をするのですが、英語も話せないのに商談が上手くいく。財界人がなぜか「マツイ、マツイ」と慕ってくれる。これも全てこのフレアストーンのおかげですよと語っておられました。

これは凄いということで、「松井茂」でぐぐってみました。軍事・外交評論家・松井茂というのは見つかったけど、明らかに別人ですね。検索ワードが悪いのかと思い、「松井茂 ニューヨーク」で再びぐぐります。一番上にありました。

フレアストーンの松井茂さん。

なんかね~。インターネットが普及してる時代に生まれてきて良かったなって思いました。よく気付くものだな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。