上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.11 私は君のもの
ローマの王子様は未来でも見えるのでしょうか。

王子様


1ヶ月間にも及ぶ壮大なお祭りはイタリアの優勝で幕を降ろしました。
序盤は強豪国が順当に勝ち進み、見ごたえのある大会になりました。残念なのはチェコがグループリーグ敗退したことですね。ロナウドが得点記録更新した直後にブラジル敗退したのもいい感じでした。大会前からイタリアはある程度やると予想してたけど、フランスはノーマークだったので驚きでした。一番応援してたオランダは内容的にもちょっと期待はずれでした。一番期待はずれは日本でしたけど。

MVPがジダンというのは納得いかないですね。カンナバーロかピルロが順当なとこじゃないでしょうか。現役最後のパフォーマンスとなったマルセイユヘッドバットはお見事でしたが、フェアプレイを推奨してるFIFAとしては矛盾してないでしょうか。ジダンとマテラッティは是非ハッスルで決着つけてもらいたいです。

君もマルセイユヘッドバットをやってみませんか


独断と偏見で選んでみました。
MVP ピルロ
最高試合 チェコ対ガーナ
ベストゴール マキシ・ロドリゲス(メキシコ戦)
殊勲賞 カンナバーロ エシアン
敢闘賞 ガットゥーゾ ミゲウ
技能賞 リベリ リカルド
新人賞 ポドルスキ
主演男優賞 C.ロナウド 中田英寿
助演男優賞 クリンスマン
カムバック賞 マラドーナ
審査員特別賞 マテラッツィ

ほとんどスカパーの放送を見てたのですが、平畠啓史は結構使えることが分かりました。矢部とか加藤なんかにサッカーバラエティやらせるよりも平畠にちゃんとしたサッカー番組やらせて欲しいです。
今はワールドカップが終わってしまった虚脱感で一杯です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。