上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.11 THE GIRL NEXT DOOR
隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)
(1998/07)
ジャック ケッチャム

商品詳細を見る

「読んだら嫌な気分になる」とか「1週間は立ち直れない」とか聞いてたんですが、読んでみました。
読み始めた時は青春小説っぽかったんですけど、いつの間にやら・・・。
とにかく一気に読ませます。嫌な気分になりますけど、ページをめくる手が止まりません。
読みながら救いを用意しておいて欲しいなって思いましたが、もちろんそんなものはありませんでした。「救えねえよ」って感じです。
なんか不思議な小説でしたね。
傍観者であり加害者であり被害者であるような気にさせられました。
次に何が起こるのか期待し、残虐な行為を待ち望み、この苦痛からの開放、救いを求めて読み進めてる。

日本でも似たような事件があった事を思い出しました。
スポンサーサイト
自分の中で4月になると初めてみたくなることの一つに語学の勉強があります。
以前スペイン語を勉強してみようと思いましたが、ほとんどやらずに挫折しました。
スペイン語の発音は日本人向きだそうですが、どうもスペイン語は敷居が高い。
それに俺のような田舎住まいにとってスペイン語が役に立つのはフィリピンパブに行った時ぐらいだろう。

それでスペイン語は止めて英語を勉強してみようとか思いました。
英語なら中学高校で習ってるし、テキストも豊富になるから勉強しやすいかなとか思いました。
ベラベラしゃべれるようになるのは難しいだろうけど、英字新聞読んだりだとか簡単な本を読んだりできるようになりたいです。

学生時代に習ったといっても10年以上前の話ですから、もう一度一からやり直しです。
中学英語からやり直したいと思います。
本屋で色々英語関連の本を立ち読みした結果、この本を買いました。

東大生が書いた つながる英文法東大生が書いた つながる英文法
(2008/09/15)
浅羽 克彦

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。