上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.06 壮大な無駄
ちょっと前に公正取引委員会がセブンイレブンジャパンに排除命令を出したというニュースがありました。
売れ残って期限切れが迫った弁当やおにぎりを安く売ってる加盟店に対してセブンイレブンジャパンが値引き販売を止めるように命令していた。これに対して公正取引委員会がそんなことを強制するのは独占禁止法違反の疑いがあるとして改善命令を出しました。
放っておいたら腐らすだけの食べ物なんだから安く売ればいいじゃんって思うのだが、そんな事をされたら都合の悪い人もいるのだろう。

独占禁止法違反云々は特に興味もなく、どれぐらいの量の食べ物が廃棄処分されてるのか興味があったのだが、排気損失は年間600億円強にもなるらしいです。
食料自給率40%と主要先進国の中で最低水準の日本でこれだけの食料が廃棄されてるのに驚きです。
しかも、これはセブンイレブンだけの数字ですから、ローソン、ファミマなど全てのコンビニを含めるととんでもない金額になります。

この排除命令を受けてセブンイレブンジャパンは7月から廃棄ロス原価の15%を本部が負担することを発表しました。これによってセブンイレブンジャパンは年間100億円ほど負担しないといけなくなったのだが、これまで一切負担してなかったのも驚きです。
こういう負担は業界初らしいので他のコンビニチェーンも全く負担してないのですね。
ただ今後追随するとこも出てくるでしょう。

井阪隆一社長は15%負担を決めた理由について、「加盟店が廃棄損失を怖がり、十分な商品量を注文しなくなることを心配した」と述べた。

これって廃棄処分になってもいいからガンガン注文しろよって事でしょ。
企業のトップなんだから業績が悪化しないように必死なんだろうけど、勿体無いとかいう考えはないんですかね。
自分が店舗を経営してたとしたら売れ残りが出るほどの量の弁当を注文などしないだろう。
値下げ販売も相変わらず嫌がってるようだし。
なんでこんなおかしな事になってるんだろう。

企業には社会的責任ってものがあるんじゃないのか。
海外にも進出してるような大企業のトップがこんな考え方でいいのか、おい。
世界中には食べる物がなくて困ってる人沢山いるぞ。
その人達の為に自分が食べる物を我慢したりしようとは思わないが、廃棄処分になるの分かっててやる事はないと思うんだけどな。
他のコンビニチェーンのトップも同じような考え方なのかな。
もしそうならコンビニで食料品を扱わせるべきじゃないな。
理念だけじゃなくて存在そのものまで疑問になった。

俺にできることはコンビニで食料を買わないことぐらいだな。
なんか溜め息しか出ないよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。