上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.28 品揃え
最近よくDVDを借りてみてます。
コーエン兄弟を見て黒澤明を見てます。
近所のツタヤに結構置いてあるんだけど、見たいけど置いてないのもあるんですよね。
コーエン兄弟は「バートンフィンク」、黒澤明は「天国と地獄」が置いてないです。
黒澤を見終わった後に見たいキアロスタミに至っては一本も置いてない。
こういうのって要望したら置いてくれるもんなんですかね。
俺一人の為に仕入れてくれってのは無理だろうな。
スポンサーサイト
2009.09.21 よくもまあ
ダウンタウンの松本人志の第2回監督作品「しんぼる」が上映されるとかで、最近松本がテレビに出まくってました。
大衆受けするような映画じゃなさそうだけど、もの凄く宣伝してますよね。
俺も映画館まで行って見るつもりは毛頭ありません。

というか第一回監督作品の「大日本人」すら見たことありませんでした。
3度ほどレンタルしましたが、友達にかなり面白くないよって聞いていたので、一度も見ずに返却しました。

しかし、今回の「しんぼる」公開を記念しまして一度見てみようと思い4度目のレンタルをしてきました。
いつも同じツタヤで借りてるから大ファンだと思われてるんだろうなとか考えると恥ずかしかった。
んで、まあ見てみたんですが、「こりゃあ酷いや」ってだけです。
酷いのは覚悟してたが、想像以上でした。

30分だけちゃんと見て後は飛ばしながら見ました。
とてもじゃないが、こんなもん2時間もかけてまともに見れない。
こんなもん映画館で2000円近く払って見た人は愕然としたでしょうね。
4度レンタルして600円ぐらい使った俺でも損した感が凄かった。

松本の周りの人達は本当にこれが面白いと思ってるのかな。
おまえらがアホやから分からんのや!とか言うのかな。
本当に驚きました。
期待値が高すぎたとかそんな問題じゃないですね。
2009.09.19 俺に任せろ
本屋で面白そうな小説ないかなとか思いながら立ち読みをしてたら、横で二人組みの男が結構大きめの声で話をしてました。
歴史小説が好きな男があまり本を読んだことのない連れに面白い本を教えてます。
かなり熱心に説明してるんだけど、連れは「ヘー」とか「ホー」、「すげー」とか上手く相槌打ってるつもりなんだろうけど、横で聞いてる俺には面倒臭いから適当に合わせてるだけにしか聞こえません。
せっかく一生懸命説明してるのに連れはたぶん読まないんだろうな。
不憫ですね。不憫だから暇な時に俺が代わりに読んでやろうかな。

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)
(1987/09/30)
池波 正太郎

商品詳細を見る

12巻もありやがるよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。