上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋田で子供が殺され、近くに住む女の人が逮捕される事件がありました。かなり話題になってるから、細かい説明はする必要ないと思うので省きますけど、結構衝撃的な事件でした。で、この犯人の高校時代の卒業文集がテレビで公開されてたんですけど、それはもうひどいものでした。

文集1

文集2


同級生の寄せ書きなんかは、卒業文集にそんなこと書くか?ってことばっかり書かれてました。この人高校時代どんなことしたんだろ。よっぽど何かしたから書かれたとしても、それをそのまま文集に載せてみんなに配った教師はどんな神経してるんでしょうか。普通文集なんかは正式に作る前に教師がチェックするものでしょう。それなのにこんなひどい内容の文集にOKを出す教師の神経が知れません。こんな奴が今も教師をしてるのでしょうか。恐ろしいことですね。この教師は探し出して教員免許取り上げるべきじゃないでしょうか。

こんな内容の文集が何十年も残るということに対しておかしいとか可哀想とかいう感情が湧かない人間が教育者という立場にいるなんて恐ろしすぎる。今回の事件でたまたまこの文集が出てきたわけだけど、こんな文集は世の中に多数存在するのかな。卒業文集ってもっとまったりしたものでしょう。

今にして考えてみると教師だから無条件で尊敬しろみたいなのはおかしな話ですよね。中学の時の担任なんて24歳とかでもの凄く威張ってた。その時は教師だから当然だと思い疑問などなかったが、今考えると24ぐらいの社会経験もない若造になんであんなに偉そうにされないといけないのか納得がいかない。う~ん。でも年齢の問題じゃないのかな。年寄りでもバカはバカだし。そうなると教師の資格ってなんだろ。所詮サラリーマンと同じなんだから人格などは関係なく来る者は拒まずぐらいの感じで教師にすればいいのかな。その代わり、生徒に対して絶対的な権力などは持たせるべきではないな。教師の化けの皮が剥がれて来てるんだから、教師の権限を減らして威厳なんて示す必要がないようにすればいいのかな。

凶悪事件が起こった時に、容疑者の卒業アルバムや文集を手に入れてきて、精神分析ゴッコをやったり、現場の模型を使って捜査・推理ゴッコをやるのが流行りになってしまった。こんなことをやって、何のつもりなんだろとか思うが、それなりに見る人がいるからやってるんだろと思ってきたが、本当に見てる人いるのかな。見てるっていうかテレビ付けてる人ぐらいはいそうだけど、興味津々に見てる人なんているのだろうか。

アルバムや文集を手に入れてるということは提供した人間がいるわけですね。金に目が眩んで提供したのだろうか。もし自分の同級生が事件起こしたら俺のとこにもアルバム売ってくれとか問い合わせがくるのかな。そんな問い合わせがきたら気味悪いですね。とりあえず何が起こってもテレビとか新聞・雑誌の類には絶対に協力するのは止めとこうなんて思いました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/117-9b145f65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。