上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.24 奥ゆかしい心
22日に行われた夏の高校野球秋田県大会の準決勝・本荘―秋田戦で、雨天ノーゲームを避けるため、本荘の打者が、監督の指示を受けて故意に空振りしていたとして、県高野連は試合終了後、同校野球部に対し、フェアプレーするよう指導し、始末書の提出を求めた。

 同校は、相手の遅延行為に対抗するためだったと説明している。

 県高野連によると、本荘は12対1となった七回表一死二塁で、監督が打者に三振するよう指示。

 打者は明らかなボール球を振って三振したため、県高野連は同部責任者に対し、故意の空振り行為をやめるよう指導したが、次打者の場面で、三塁走者が本盗を狙ってタッチアウト。試合はその裏の秋田の攻撃終了後、本荘がコールド勝ちした。雨の場合、七回裏が終わらないと試合が成立しない。

 本荘の尾留川徹監督は「相手チームが試合を遅延させ、ノーゲームにしようという意図が見えた。早く試合を進めるようボールでも打ちにいけと指示した」と説明。

 秋田の佐藤幸彦監督は「ばかにされた思いで大変悔しく、憤りを感じている」と話している。

(2006年7月22日22時12分 読売新聞)
これのどこに問題があるのか、さっぱり分かりません。7回で11点差も付けてるのに雨天中止になるなんて納得いかないから早く終わらせるように指示するのって悪いんですか。当たり前のこととしか思えないんですけど。

相手チームに遅延行為があったから、それに対抗したらしいですし、勝ったチームだけに始末書の提出を求めたというのも納得できないです。それとも遅延行為はなかったって判断なのかな。県予選とはいえ準決勝ですからテレビ中継とかやってただろうから、見た人いないかな。どんな感じだったのか是非聞いてみたいです。

負けてる方は、もう逆転は無理っぽいから長引かせて雨が降って中止にさせよう。勝ってる方は、そうはさせるかって対抗しただけ。これが悪いっていうのならば、ルールに不備があるのではないか。処分とかする前にルール改正しろよ。雨天中止とかじゃなくて、翌日続きからでいいんじゃないのかな。雨天中止とかするから、そんなセコイ?(クレーバーな?)駆け引きも出てくるのだろうし。10点差以上付けてるのに無かったことにして、明日また初めからやりましょう、なんて納得できるわけないだろ。
阿佐田哲也の短編小説に「東一局五十二本場」というのがあるんですけど、それを思い出しました。

同じ野球の話題なんですが、萩本欽一がこの上なく胡散臭く見えるのは俺の心が貧しいからでしょうか。
「野球好きだったんだけどね・・・。」
「夢列車とか大きいこと言ったくせに~」
等等、全ての発言が胡散臭く、三文芝居に見えて仕方ありません。
復活したみたいですけど、地元の人は本当にあんなもんに復活してもらいたかったのでしょうか。
俺の地元にも欽ちゃん球団来たことあります。休場の駐車場が超満員で大迷惑を被りました。萩本欽一とかそんなに見たいか。その離し方も鼻につくし。今回の事件までは好きでも嫌いでもなかったけど、ダメですね。急激に来てます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/141-5a0ccd64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。