上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月3日にTBSで格闘技イベントのHERO’Sが中継されました。
HERO’Sとは総合格闘技のイベントでプライドのバッタモンみたいなイベントです。山本KIDが出てるアレです。俺は格闘技好きなんですけど、プライドの比べてレベルが低く、無理矢理ヒーローを作り上げようとする、程度の低い見世物みたいな印象を持ってます。

しかし、今回はプライドで一時代を築いた桜庭が移籍したので、ちょっと見てみようとも思ってましたが、前日の亀田の世界戦を見て嫌な気分にさせられてましたし、桜庭の対戦相手も「リトアニアの高田延彦」などと、確実にバカにされてるような異名を付けられてる選手ですから、こんなもの見る必要ないと思い、見ませんでした。

翌日の新聞や某大型掲示板なんかを見ると、審判のジャッジが問題になってました。結果から言うと、桜庭が勝ったのですが、その前の段階で普通ならレフリーストップが掛かるほど桜庭が殴られてるのに、なぜかレフリーが試合を続行させたとのこと。これは是非見てみたいと思い、YOUTUBEで検索すると簡単に見つかりました。

で、見た感想ですけど、これはヒドイですね。プライドだったら確実にレフリーストップかかってるし、今までのHERO’Sでも止めてるでしょう。HERO’Sなんて今までは早すぎるだろって言うぐらい早く止めてたのに、今回だけなぜか止めない。山本KIDの試合だとKID勝たせたいからパンチ当たってなくても止めるくせに。同日に行われた秋山の試合は止めるのが早すぎたりと全く一貫性のないジャッジをしてたようです。

プライドから獲得したスター桜庭を勝たせたい意図がミエミエです。勝たせたいって思いは分かるけど、選手の安全性とかを考えると絶対に止めないといけないでしょう。スーパーアドバイザーを務める前田日明兄さんもご立腹でした。前田はそもそもプライドにも反対してるぐらい選手の安全面を考慮してるようです。リングス時代、前田が目指してたのは格闘技というより競技であったように思えます。今回のジャッジはかなり頭に来てるようです。

前田自身も、新日本プロレス時代に長州力の顔面を背後から蹴り飛ばし、右前頭洞底骨折、全治1ヶ月の重症を負わせたり、アンドレ・ザ・ジャイアントにセメントを仕掛けたり、格闘技素人のパンクラスの尾崎社長に暴行して、民事、刑事両方で告訴され敗訴したり、ターザン山本を女子便所に連れ込んで恫喝したり、弟子?の坂田亘をしょっぱい試合をしたとの理由でテレビカメラの前であり得ないほどの暴行を加えたりした伝説を持ってますから、おまえが言うなって部分もありますけどね。

HERO’Sなんて放送しなくていいから、プライドをどうにかして欲しいです。前田もプライドのアドバイザーやればいいのにな。高田いらないから。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/154-84ceec99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。