上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.20 最後の言い訳
土曜日に皐月賞は全くやる気がしないと書きましたが、早々にこれを撤回することにしました。急激にやる気が出てきました。土曜の若葉S、日曜のスプリングSと終わって、有力馬がダンゴ状態になったように感じます。

アドマイヤムーンがほんの少し抜けてる感じですが、スプリングSの上位3頭、若葉Sの上位2頭、ジャリスコライト、サクラメガワンダー等、人気は分散されそうです。アドマイヤムーンだって絶対視できる程ではないですし、大混戦の様相を呈してきました。今のところスプリングSを勝ったメイショウサムソン本命で勝負のつもりです。

昨日の日本対韓国の一戦は高視聴率を記録したそうです。瞬間最高で50%を超えたとか。だけど、これが即、野球人気回復となるかは微妙ですよね。昨日の試合は野球の本質じゃない部分で盛り上がってるようなところもありましたしね。アメリカの為に仕組まれた大会なのに、大会が進むにつれ一番得をしてるのは日本プロ野球界みたいになってきてます。

不利な誤審騒ぎから始まり、格下と見做してた同じアジアの韓国に2度完敗を喫し、予選敗退濃厚の状況から奇跡の復活を遂げリベンジに成功と、まるでプロレスのシナリオみたいな展開です。やられてやられて、見てる方の鬱憤が溜まったところで倒すという古典的とも言えるシナリオですが、俺もこれに見事にはまってしまいました。

6勝1敗の韓国じゃなくて、4勝3敗の日本が決勝に行くのはおかしいというのも分かるけど、初めからそのルールでやってるのだから仕方ないですね。模擬試験一番でも入試落ちたら意味ない訳だし、劉邦も最後の最後で項羽を倒したから歴史上の勝者となってる訳です。バランスオブゲームみたいにGⅡをいくら勝ってもGⅠを勝ったことにはならないんですよ。ちょっと言い訳っぽいけど。決勝はたとえ負けても言い訳っぽいことは一切言わないで欲しいです(特に解説者)。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/16-827e72f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。