上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.14 真夜中の心臓
福岡で市職員の男が飲酒運転して、3人の子供が亡くなった事件以降、日本全国で飲酒運転の摘発が相次いでます。テレビや新聞などで飲酒運転摘発の記事が多く見られるが、福岡の事故以降飲酒運転が急増したわけではないだろう。今まで大きく報道されなかったのが、福岡の事件以降報道されるようになり、警察の取り締まりも強化されたからだろう。さすがに飲酒運転をしてる人の数は減ってると思いたい。

世間に飲酒運転は止めましょうという空気が充満し、取り締まりが強化されてるのも簡単に予想できる中で、まだ飲酒運転を行う人の心理はどんなものなのだろうか。これだけ騒ぎになって、人命も失われる事故が起こってるのに、未だに自分だけは大丈夫なんて考えてるような輩は、もう社会的に抹殺しても構わないのでは、と思ってしまいます。

警察も騒ぎになってるから飲酒運転の取り締まりを強化するのではなくて、常に厳しく取り締まりしていいんじゃないかな。点数稼ぎの為だけの、明らかに無意味な場所でのスピード違反りや重箱のすみをつつくような一時停止違反を取り締まるより、よほど世間の為になると思うのですが。飲酒運転とあり得ない場所に停車して携帯電話使ってるバカは積極的に逮捕していただきたいものです。

飲酒運転して人を殺したような奴にでも弁護士は付くんですよね。どう弁護するのか、ちょっと見てみたいですね。福岡の事件でも弁護する余地とかあるんでしょうか。自分が弁護士だったら、どう弁護するか想像してみたけど、全く思いつかないです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/174-e7f71945
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。