上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月1日にフランスのロンシャン競馬場で凱旋門賞が行われます。日本からはディープインパクトが出走を予定してます。報道陣が現地に大勢詰めかけ報道が過熱気味ですが、そんなに楽勝というわけにもいかないと思います。というか、かなり厳しいレースになるでしょう。

凱旋門賞はこれまでヨーロッパ以外の馬が勝ったことはないそうです。しかも、ほとんどがフランスの馬が勝ってるとか。2着でさえヨーロッパ以外の馬は2頭しかいません。そのうちの一頭は日本馬ですが。
遠征して来た馬が体調を整えるのも大変なんだろうし、その国の競馬に合うかどうかも問題なんでしょう。

日本から大勢の報道陣が詰め掛けてる為、現地でもディープインパクトは注目されてるようです。これが裏目に出る可能性もあります。ヨーロッパの人達からすると、ただでさえヨーロッパ以外の馬には勝たせたくないという心理が働いてもおかしくないところに、日本からマスコミがお祭り騒ぎで乗り込んで来てるわけですから、何としても勝たせるわけにはいかないでしょう。かなり厳しいマークにあうのではないでしょうか。これまでディープインパクトは日本ではそれほど厳しいレースはしてないように思えます。日本でのレースのようにコースを周ってこれるのでしょうか。

それでも日本競馬界してみると大チャンスであることは間違いありません。出走頭数も多くならないだろうし、斤量の軽い3歳馬で強い馬はいないし。アクシデントがなく、スムーズに4角まで周ってくれば、直線で突き抜けることも夢ではないと思います。

勝っても負けても今年限りで引退するのでしょうか。ぜひ来年も走って欲しいんですが。それも、もう日本で走らなくていいから、海外の色んな大きいレースに挑戦してもらいたいです。ダートのドバイワールドカップにも挑戦してもらいたいです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/180-a7ddf0e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。