上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.26 Enter Sandman
ドバイで行われたドバイワールドカップ諸競争で日本馬が頑張ってくれました。
ゴドルフィンマイルではユートピアが優勝。
UAEダービーではフラムドパシオンが3着、ガリオンが7着。
ゴールデンシャヒーンではアグネスジェダイが6着。
シーマクラシックではハーツクライが優勝。
デューティフリーではハットトリックは12着、アサクサデンエン15着。
メインのドバイワールドカップではカネヒキリが5着、スターキングマンが8着。

注目してたフラムドパシオンは3着と惜しくも負けてしまいましたが、これは相手が悪すぎました。ディスクリートキャットというモハメド殿下所有馬が6馬身差の圧勝でした。化け物並みの強さに見えました。UAEダービーじゃなくて、ワールドカップの方に出ていてもいい勝負したんじゃないでしょうか。この馬は問題外として、2着馬と1/4差の3着なら大健闘でしょう。

ハーツクライは逃げて完勝でした。かなり強かったです。今まで追い込みに拘ってきた日本の騎手は何やってたんでしょう。GⅠ中々勝てないで苦しんでたのに、先行した途端に有馬記念に続いてGⅠ2連勝です。橋口調教師はキングジョージに挑戦したいって言ってました。今年の出走馬がどのくらいのレベルなのか分からないけど、ドバイでこんなレースができるのならキングジョージや凱旋門賞もいい勝負できるのではと思いました。

カネヒキリはいい感じでレースしてたんだけど、直線で伸びませんでした。ここも勝った馬が強すぎでした。エレクトロキューショニストって馬で昨年のインターナショナルSでゼンノロブロイに勝った馬です。

ディープインパクトは海外挑戦する時は、デットーリに騎乗してもらうべきだと思いました。エレクトロキューショニストが強いのもあるけど、デットーリの騎乗も上手いですね。金を積んででもデットーリに頼むべきです。

日本馬が2勝もできたし大満足です。フラムドパシオンとカネヒキリは本当に相手が悪かったです。日本のダートで圧倒的に強い2頭が完敗でした。特にフラムドパシオンに勝ったディスクリートキャットはこれからどこまで強くなるのか楽しみです。化け物のような強さでした。砂の怪物ですね。この後はケンタッキーダービーを目指すようです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/23-88a8c62c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。