上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年の瀬も押し迫ったこの時期に、フセイン元大統領の死刑が執行されたようですね。1982年にイラク中部ドジャイルでイスラム教シーア派住民を虐殺した「人道に対する罪」で裁かれたそうです。他にも、1980年代のクルド人弾圧、88年の北東部ハラブジャでの化学兵器による住民虐殺、90年のクウェート侵攻なども公判中だったみたいだけど、死刑が執行されたことで捜査は打ち切られたそうです。

この問題のことはよく分かりません。アメリカに逆らったから裁かれただけに見えます。だけど、自らが持つ力で無力な人々を虐殺したのだから、もっと大きな力によって問答無用で裁かれるのも当然かなって気もします。


大量虐殺の首謀者をイラク国内でイラクの裁判で裁くのだから文句言うべきではないんだけど、それがアメリカの手のひらの上で行われてるのが引っかかるんですよね。けれど、世の中ってそんなもので、歴史はそうやって作られるのかな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/256-2d82ecfe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。