上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.01 Don't Let Me Down
世の中は俺の知らないところで着実に進化を遂げてますね。
今日、ドラッグストアをウロウロしていて、衝撃を受けました。

いつの間に髭剃りがあんなに進化してたのでしょう。全く気付きませんでした。俺の中で髭剃りは「キレテナ~イ」の時代で止まってました。
カミソリが横滑りしても肌が切れないように、セーフティワイヤーを付けた髭剃りは革新的な発明だと思ってましたが、それで満足することなく、新たな進化の形態を遂げてました。

髭剃りと言えば、2枚刃と相場が決まってると思ってたのですが、現在ではなんと、4枚刃や5枚刃という物まで発売されてます。それだけではなく、なんと電動でヘッドの部分が微細振動し、振動を利用して優しくヒゲを剃ってくれるとか。
微細振動と言えども振動です。喉元に押し当てる刃物を振動させるなんて、とんでもない発想ですね。

俺はヒゲが濃いので、今使ってる2枚刃の髭剃りだと、結構力を入れないとしっかり剃れません。切れて血が出る事もしょっちゅうですし、綺麗に剃ろうとすると時間が掛かります。
そんな状態ですから、こんな物を見せられたら、試してみたくなるというものです。

買おうと思ったのですが、種類が結構あって悩みます。
振動有りの3枚刃。振動無しの3枚刃。振動有りの4枚刃。振動無しの4枚刃。振動有りの5枚刃。振動無しの5枚刃。
最初はどうせなら5枚刃がいいと思ったのですが、冷静に考えると4枚刃や5枚刃はやりすぎのような気もします。

その店に置いてた髭剃りのメーカーは2社で、Schick社Gillette社
Schick社から発売されてるのは、振動無しの3枚刃。振動有りの4枚刃。振動無しの4枚刃。
Gillette社から発売されてるのは、振動有りの3枚刃。振動無しの3枚刃。振動有りの5枚刃。振動無しの5枚刃。

このラインナップを見ると、5枚刃は無理矢理っぽいですね。3枚刃戦争に終止符を打つ為に、S社が4枚刃を投入してきた。それに焦ったG社が同じ4枚刃を出したところで出遅れを挽回できそうにないから、その上を行く5枚刃発売に踏み切ったと感じれなくもないです。

もう一つ気になるのは、なんで振動有りと振動無しがあるのか?
自信があるのなら振動有りだけでいいのではないのか。実は振動の効果はあまりなく、目新しさとインパクトが狙いの商品で、数年後にはすっかり廃れてしまってる可能性もあるのではないか・・・。

最も安全策を取るなら、振動無しの3枚刃。進化の頂点に挑戦するなら、振動有りの5枚刃。落としどころは、振動無しの4枚刃ってとこでしょうか。
ドラッグストアの髭剃りコーナーに佇むこと一時間余り、俺は進化の頂点に挑戦することを決意しました。

その昔誰かが「失敗は間違いじゃない」とか歌ってましたね。
これ歌ってたの誰でしたっけ?知ってる人いたら教えて下さい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/305-dc55272b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。