上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカのスポーツってなんであんなに金があるんでしょうか。
メジャーリーガーとか凄い年俸もらってますね。世界的な人気で言えば、野球は一部の地域でしか人気がないスポーツなのに、世界的に人気のあるサッカー選手より高年俸の選手がゴロゴロいるらしいです。松坂の移籍金も60億円とかでしたし、どこからこの金は出てるのでしょうか。不思議です。

先日、ラスベガスでボクシングのタイトルマッチがありました。
WBC世界スーパー・ウェルター級タイトルマッチ。
[王者]オスカー・デラホーヤvs[挑戦者]フロイド・メイウェザー。

6階級制覇したデラホーヤと5階級制覇を狙う30戦全勝のメイウェザー。全世界注目のビッグマッチです。ビッグマッチですから、ファイトマネーも巨額です。デラホーヤ30億円、メイウェザー12億円が最低保証されてます。PPVの売り上げでもっと高額になる可能性もあります。

ボクシングのビッグマッチは相手があってのものですから、頻繁に組めるものではないにしても、よくこんな金が動くものですね。

スポーツ選手の長者番付の上位はアメリカ人がほとんどです。アメリカって凄いですね。金を集めるシステムが確立できてるんですね。PRIDEがUFCの親会社に買い取られたのも納得です。

スポーツ選手長者番付
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/322-c9b7d1c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。