上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4連休の初日から暇を持て余した為、筋トレしてジョギングしてきました。
ジムはいつもの土曜日の昼間と同じぐらい人が少なかったです。4連休の初日からバーベルあげに来る人は世間にはあまりいないのでしょうか。
それにしても今日は暑かった。ジョギングしたら汗だくになったし、駐車場に1時間ぐらい車を置いといたら車内がとんでもなく暑くなってました。まるで真夏のようです。

その後、行きつけの銭湯に行ってきました。この銭湯の駐車場は休日になるといつも満車です。
それなのに中に入ってみるとお客さんはそんなにいない。
なぜかというと隣に小さなショッピングモールがあって、そっちの駐車場に満車で車が停めれない頭もマナーも悪い人たちが銭湯の駐車場に勝手に車と停めてます。
なんとか空いてるところを見つけて車を停めて中に入ると、ドクターフィッシュなるものがいました。

ドクターフィッシュとは
学名:ガラ・ルファ
分類:コイ科ラベオ亜科ガラ属(淡水魚)
寿命:約7年(成長すると、体長14cmほどになる)
食性:珪藻や植物・動物性プランクトンを常食にする雑食性の魚
分布:トルコ南部とシリア北部、ヨルダン、チグリス・ユーフラテス川流域、等
水温:約20℃~37℃に生息

ドクターフィッシュは古くなった皮膚を食べてくれます。
マッサージ効果もあるし、古い角質を食べて健康にしてくれるってことでドクターフィッシュだそうです。かのクレオパトラが寵愛した魚として知られてるそうです。
このドクターフィッシュをお風呂の中に入れたドクターフィッシュ風呂なるものが設置されてました。
ちょっと興味はあったんですけど、15分1000円とぼったくり価格だったので入りませんでした。
誰も入ってなかったけど、人だけは集まってました。

数日前にトロステで紹介されてたので覚えてましたが、自分の生活圏内で見ることになるとは思いもよりませんでした。

ドクターフィッシュは熱帯魚ですから、自宅でも飼えます。
丈夫な魚だから初心者にもオススメだとか。
水槽と水を循環させるフィルターとヒーターがあれば飼えますから、自宅でドクターフィッシュ風呂を満喫できます。
いくら皮膚を食べるからといってもちゃんと熱帯魚用の餌をあげないといけないようです。
1匹2000円ぐらいするみたいです。水槽代、フィルター代、ヒーター代など合わせるとかなりお金がかかりますね。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。