上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日毎日きちんとした記事を書いて更新してるブロガーさんは偉いですね。なんでそんなに書くことがあるんだろ。車であちこち走ることが多いから、何かネタないかなって探してるんだけど全くないです。

車運転しながら色々見てたら、病院の看板がやたら多いなって思いました。世の中には病院が溢れてます。これだけ病院があるってことは病人がそれだけいるわけで、それだけの医療費が必要となるわけで、それを賄う為に税金が利用されてるわけで、それでも賄いきれないから個人負担額が増えてるわけで、それでも賄いきれなくなるから税金が増えるわけで、国民の負担がどんどん膨らんでいくわけですね。

4月から禁煙治療が医療保険を使って行われるようになったらしい。今までも病院で禁煙治療は行われてたらしいが、当然全額自己負担だった。それが4月からは自己負担3割で7割を保険でカバーできる。これまでだと3万から4万治療費が掛かったそうだが、これからは3割負担だからだいたい1万ぐらいになる。

とはいえ誰もが対象となるわけではない。治療対象者は、一日の喫煙本数と喫煙年数を掛けて200以上になって、尚且つ医師にニコチン依存症と診断された人限定らしい。

禁煙治療などに保険を使うなんてふざけるなと思う人もいると思うが、厚生労働省の言い分によると、当初は200億から300億ぐらい医療費が余分にかかることになるが、たばこが原因の病気が減ることで8年目から黒字に転換となるそうだ。そして最終的には1000億円単位の医療費削減効果があるんだとさ。

最初のうちは損をするが、長い目でみると得をするようだ。だけど、タバコ売るの禁止にしたら治療費も全額浮くし万事解決じゃないのか?保険使って治療しなければならないような物を売るなよ。売ってる以上は「ご利用は計画的に」じゃないのか。医療費削減効果あるかもしれないけど、やってる事に筋が通ってないよ。

今までは
タバコ売って税金集める、タバコが原因で膨大な医療費かかる
だったのが、これからは
タバコ売って税金集める、治療で税金使う、医療費削減
となるそうだ。
しかし
タバコ売らない、治療いらない、医療費削減
これじゃまずいのか?
堂々と売ってるくせに税金使って治療するなよ。
売るなら税金使うな。売るの止めるなら話は分かるけど。
ていうか、それ以前に自分の意思で嗜好品を愛用してる人を病人扱いするなよ。こんなもの大きなお世話以外のなんでもない。
当初は損をするが長い目で見るとお得ですよ、なんて胡散臭い話だ。
医療費削減できなくてもいいから、こんなものは反対です。

ちなみにJTは禁煙治療に保険を使うことに対して反対している。さすがに後ろめたいのかな。

禁煙指導に対する健康保険適用についてのJTの考え方
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/62-d5f68df0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。