上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レアル・マドリードに所属するフランス代表のMFジネディーヌ・ジダンが今年のワールドカップを最後に引退することになった。にわかサッカーファンの俺でさえもジダンが凄い選手だということぐらいは知っている。

ど素人の俺がテクニック的な事をこんな過疎ブログで云々言っても仕方ないので、それに付いては触れないが、あれだけのテクニックに加えてベッカム並みのルックスがあれば、それはそれはとんでもないスーパースターになれてたはずです。

ジダンが今シーズン限りで引退するのでは、という噂は前々から出てたので、ちょっと前に本屋でジダン特集みたいな本を買いました。ジダンのスーパープレイを集めたDVDが付いてました。今回のワールドカップでジダン最後の勇姿を目に焼き付けましょう。

Zidane The Scientist


今シーズンを最後にユニフォームを脱ぐ選手はジダンだけじゃありません。イングランドプレミアリーグのアーセナルに所属するデニス・ベルカンプも今シーズン限りで引退します。俺はオランダ代表チームが大好きなんですけど、オランダが好きになった大きな理由がこの選手です。

たしかワールドカップのアメリカ大会だったと思うんですけど、足元にピタッと落とすトラップから点を入れたのはもの凄い衝撃でした。フランス大会のアルゼンチン戦でも見事なトラップからゴールを決めてるんですけど、俺の記憶ではアメリカ大会で相手はブラジルだったような気がするんですよね。記憶がゴッチャになってるのかな。

このベルカンプ、うまいだけじゃなくてちょっと変わった選手なんです。彼は飛行機がとても嫌いなんです。飛行機嫌いになった理由は、「乗った飛行機が爆破予告の対象になった」だとか「自分が乗る予定だった飛行機が墜落して乗った友人が亡くなった」とか本当かどうか知りませんが色んな説があります。オランダの往年の名選手、ヨハン・クライフが「Flying Dutchman(空飛ぶオランダ人)」と言われてるのに対して、ベルカンプは「Unflying Dutchman(飛べないオランダ人)」と言われたりしてます。

飛行機に乗れないのですから、遠い場所である試合には出場できません。監督からしたら、とんでもない野郎です。ワールドカップアメリカ大会は一人だけ船で行ってます。オランダ代表からはEURO2000を最後に引退してるのですが、理由は2002年の日韓ワールドカップでは飛行機に乗るのが避けられそうにないから先に手を打って引退したとか言われてます。そして、ベルカンプを欠いたオランダはヨーロッパ予選で敗退し、本戦に出場できませんでした。

彼が所属するアーセナルですが、これまで国内では圧倒的な強さを見せ付けても、チャンピオンズリーグでは中々勝てませんでした。しかし今年アーセナルは国内では不振を極めながらもチャンピオンズリーグでは快進撃を続け、クラブ史上初となる決勝進出を決めました。

今年で引退することが決まってるベルカンプの引退試合はチャンピオンズリーグの決勝戦になります。決勝戦はパリのスタッド・ドゥ・フランスで行われます。ロンドン-パリ間なら電車で行けますから、ベルカンプも行くことができます。既にユーロスターのチケットを予約したとの噂も出てます。ユーロスターの時刻表を見ると、本数もかなり出てるし、4時間ほどでパリまで行けるみたいだ。まさに5月17日のベルカンプの為に作られたような電車です。

ベルカンプは現在チーム内で出番に恵まれてるわけではありませんが、結果度外視してもいいからスタメンでベルカンプ出して欲しいです。クラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝戦が自身の引退試合となり、しかも電車で行ける場所で試合が行われる。今年のチャンピオンズリーグはベルカンプの為に行われるようなものだと俺は勝手に思ってます。

Dennis Bergkamp Tribute II
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/70-5ad4aa49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。