上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本名、カシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア。
ローマオリンピックで金メダルを獲得後プロボクサーに転向。無敗でヘビー級のチャンピオンベルトを獲得し、3度のベルト奪取と19度の防衛を成し遂げたボクシング史上最大のスーパースターです。
後にイスラム教に改宗し、「モハメド・アリ」と改名してます。

華麗なフットワークを使ったアウトボクシングは「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と形容されました。アリの出現までヘビー級にこのようなスタイルのボクサーは皆無だったようです。言動も派手で試合前に舌戦を繰り広げたり、KOラウンドを予告したりする為、ビッグマウスとかホラ吹きクレイなんて呼ばれ方もされてました。

アリの現役時代をリアルタイムでは見たことありませんが、ビデオでは何試合か見てます。鋭い左ジャブとスピード感溢れる動きがとても印象的で、クレーバーなボクサーという印象を受けました。

アリが史上最大のスーパースターになったのはボクサーとしての実績だけでなく、リング外での活躍が大きく影響しています。ベトナム戦争の兵役拒否や黒人開放運動などリングの外でも闘い続けました。アリの有名なエピソードで、「オリンピックの金メダルを獲得したけど、黒人差別は続いた為、こんなものは何の価値もないからと川に投げ捨てた」というものがあります。

1967年「俺はベトコンには文句はない」と言い放ち、アリはベトナム戦争の兵役を拒否します。それにより有罪となり、ヘビー級のタイトルとボクシングライセンスを剥奪され、70年には引退を表明します。法廷闘争の末無罪を勝ち取ったアリはその年復帰します。

復帰初戦は3ラウンドTKO勝ちを収めましたが、2戦目のジョー・フレージャーとのタイトルマッチは、3年以上に渡るブランクの影響もあってか、判定負けを喫します。その後アリは3戦して2勝1敗の成績を収めます。その間、ヘビー級のタイトルはアリを破ったジョー・フレージャーからジョージ・フォアマンの手に渡ってます。

そして、1974年10月30日、アフリカのザイール共和国(現コンゴ民主共和国)の首都キンシャサで、ジョージ・フォアマンVSモハメド・アリのタイトルマッチが行われました。この試合は全世界に衛星中継され10億人が見たと言われてます。当時の世界人口が35億人ほどだったらしいから、3.5人に1人が見てる計算になります。

フォアマン25歳、アリ32歳。若く勢いのあるフォアマンは「象をも倒す」といわれた抜群の強打の持ち主で、アリに初黒星を付けたジョー・フレージャーを2ラウンドKOで破りタイトルを獲得してます。
一方アリは、3年以上のブランクを経て復帰し、5戦3勝2敗。3勝の内の2勝は判定勝ちとブランクの影響なのか、ピークを過ぎたせいなのか、精彩を欠いていた。前評判はアリ圧倒的不利、アリが勝てるわけがない、アリは殺されるなんて声もあったそうです。

試合は序盤からフォアマンの豪腕が唸りをあげ、アリは終始ロープを背にして防戦一方です。誰もがアリが倒されるのは時間の問題だと思ったでしょう。しかし、これはアリの作戦でした。「ロープ・ア・ドープ」という作戦らしいです。試合当日は猛暑で動き回ればすぐに体力を消耗すると判断したアリはフォアマンを挑発してパンチを打たせ続けたのでした。そして8ラウンド、疲れのみえたフォアマンに対して攻撃を仕掛けたアリは一気にKO勝ちしてしまいます。この出来事は「キンシャサの奇跡」と言われ、今でも語り継がれてます。

この後もアリはレオン・スピンクスを破り3度目の世界チャンピオンへの返り咲いたり、そのタイトルを即返上して2年間休み、ラリー・ホームズに挑戦して敗れたり、アントニオ猪木と格闘技世界一決定戦などもやったり、1981年に引退するまで闘い続けます。

現在はパーキンソン病を患い闘病生活を続けてる為、あまり公の場には出てきません。アトランタオリンピックの聖火を点灯させた時ぐらいかな。
61戦56勝(37KO)5敗。これがアリの通算成績です。アリより優れたボクサーは出てくるだろうが、アリ以上の英雄は出てこないでしょう。

ちなみに、キンシャサの奇跡の後、無名のボクサーチャック・ウェップナーと初防衛戦を行い、15ラウンドKO勝ちしますが、ダウンを奪われるなどウェップナーが大善戦します。で、この試合を見た、シルヴェスター・スタローンは無名のボクサーが無敵のチャンピオンに挑むストーリーを思いつき、映画「ロッキー」となります。

猪木のテーマソングの元ネタはアリのテーマソングの「アリ・ボンバイエ」らしいです。アリが猪木に寄贈したとか。猪木のせいでとんでもないイメージが付いてしまいました。

なんで長々とアリのことを書いてきたかというと、東京競馬場で行われたNHKマイルCに「キンシャサノキセキ」という馬が出走したから、ただそれだけです。


ちゃんと調べながら書いたつもりだけど、細かいとこ間違ってたらすみません。
アリのドキュメント映画とかあるみたいなので見てみようと思います。
見たことない人も面白いと思うので見てみてください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/76-7cf5dd9e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。