上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.14 都部ふぶく
今年の6月から駐車違反の取締りが一部民間業者もできるようになるらしい。よく言われてることだが、これは絶対にトラブルが発生するだろう。警察だから我慢してたが一般人なら話は別だと言わんばかりに食って掛かってくる輩もいるだろう。

なんでも民間に委託すればいいってものではないと思う。国家権力が有間に入る事によって円滑に行われることもあるのだ。点数稼ぎの為にビシビシ取り締まったりする場合も出てくるかもしれない。警視庁によると、違反件数に関係なく、業者への委託料は一定額で決まっているので、不必要に取り締まりが増えることはないとのこと。それなら、取締りが緩くなる可能性もあるのではないのか。

現在は駐車違反してる車を見つけるとチョークで印を付け、しばらく様子を見てから違反と認定してる。だが、新制度だと、運転者がいなくて放置が確認できたら取り締まるらしい。悪質な駐車違反を繰り返してる場合は遠慮なく取り締まるべきだと思うが、ある程度は大目に見てあげてもいいじゃないかという場合もあるだろう。逆に、色々文句言われるのが面倒だから、もういいやという場合もあるかもしれない。おとなしそうな人だったら取り締まるけど、うるさそうな人の場合は見逃すなんてことも考えられる。

取り締まる人は民間業者の社員でも公務員のような扱いになるらしい。取り締まりを邪魔すれば公務執行妨害となる。しかし、それでも無用なトラブルは避けたいと考えるのが常人の心理だろう。取り締まりに不公平感が出てくる懸念を拭い去れない。やっぱり警察がやるべきですね。国家権力を持つ者がやるから成立する行為ですね。

なぜ民間でやらないとならないのか?
今まで取り締まりに当ってた警察官を犯罪捜査や街頭パトロール等に振り分ける為なのだそうだ。
この民間委託は、日本全国津々浦々で行われるというわけではないみたいです。東京、大阪などの大都市を中心に約270警察署の管内で実施する。

運送会社や引越し業者は対応に追われるみたいだ。荷物の積み下ろしでも運転手がいなかったら、違反になるようだ。誰が得するんだろ、この制度。みんなが迷惑を被ってるような悪質な駐車違反をしてる車って、こういう業者じゃないだろうに。この制度のせいでコストが掛かって物価に影響が出てくる可能性もある。

なんかおかしな制度だけど、裏で誰かが得をしてるのだろう。甘い汁を吸ってる奴らがいっぱいいるのだろう。
ちなみに、取り締まる人は「駐車監視員資格者」という資格が必要です。今なら資格持ってる人が不足してそうだから、重宝されるのかな。勉強して取りに行ってみようかなとか思いましたが、駐車違反ぐらいでDQNとトラブルになるのウザイですね。せめて拳銃持たせてくれたらな~。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/82-4933a819
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。