上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
徳山


昨日、WBCスーパーフライ級王者の徳山昌守選手の記者会見がありました。本人は引退発表のつもりで来たのに、直前になってジムの会長に説得され、渋々?現役を続行することになった。

徳山は在日朝鮮人のボクサーで、それを堂々とアピールしています。南ではなく北の方です。それ故?、かなりイタイ発言もしてます。

「祖国は自分の人生のすべてであり、祖国を愛する自分のこぶしは、敬愛する金正日将軍が鉄けんにまで育ててくれた祖国のこぶしである」

拉致問題に対して
「日本の女の子ってチャラチャラして外国旅行してるじゃないですか 。だから狙われるんでしょう。 朝鮮人じゃ考えられないです」

「そういう証拠もないのに朝鮮人を悪者にするのは良くないですよ」

「もし、そういうことしたのなら良くないことだと思います。でも、さらわれる方も問題があるんじゃないですか? 外国とかで遊んでた日本人でしょう?危険は何処でもあるんだし」

「北朝鮮で結構ハッピーに暮らしてるかも知れないじゃないですか」

「日本?好きですよ。こうしてお金稼げるのも日本のおかげだし」


俺は徳山は嫌いですけど、ボクサーとしては超一流です。世界戦を12戦戦って11勝してます。試合自体はしょっぱいので見ててあまり面白いとは思えませんけど、強いことは認めざるを得ないです。
でも、徳山嫌いの俺でさえ昨日の記者会見はちょっとかわいそうだった。あんなに落ち込んでる奴がもう一度モチベーション高めて試合することができるのかな。大学入試落ちて2浪が決定したみたいな顔してた。あんな悲壮な記者会見久しぶりに見た気がする。

徳山が現役続行の条件はビッグマッチ限定ということらしい。WBC世界バンタム級王者長谷川穂積選手とWBA世界ライトフライ級2位亀田興毅がピックアップされてるようで、亀田サイドとは既に2度交渉してるとのこと。

だが実現の可能性は低いだろう。徳山と亀田では現時点で2階級の差があるし、それより何より絶対に亀田サイドが受けるわけがない。あの親父でさえ、さすがに徳山に勝てると思ってるほどのバカじゃないだろう。徳山は「亀田はまだ本物と対戦していない。本物のボクシングを教えたい気持ちはある」と言っている。

もしも万が一でも徳山VS亀田が実現するならば、俺は初めて徳山を応援するだろう。イタイ発言をしてるけども、ボクシングに関して言えば、徳山は真っ当な手段でのし上がって栄光を掴んできたんだから、試合がしょっぱくてもボクサー徳山は偉大ですからね。テレビ局をバックに付けてハッスルみたいな興行をボクシングと銘打ってやってる輩をどうにかしてもらいたいです。弟の方は放っておいても時間の問題だと思うけど。

長男はホントにこのまま世界チャンピオンになるのかな。8月に世界戦が組まれることが内定してるようだし。本当にそれでいいのか、ボクシング界。

Talk is Cheap 池田高雄拳跡集

悲しきアイアンマン
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://asteroid555.blog51.fc2.com/tb.php/94-e3f010c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。