上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何気なくテレビを見てたらスカパーでノンフィクションをやっていた。オルカという旅芸人が故郷に帰るのを淡々と密着して追いかけていた。途中から見たので詳しいことはよく分かりませんが、街頭でパントマイムみたいなことをして生計を立てています。
仕事は夜なので酔っ払いに絡まれたり、性質の悪い輩に絡まれたりもあるそうです。密着してる時もトラブルになって警察に連れて行かれてました。明日をも知れぬ生活ですから、養うべき家族もいなければ家もありません。公園で寝たりしてます。普段は札幌にいるけど、冬の間は東京にいるようです。
何かを訴えかけるような押し付けがましいような番組じゃなく、何一つ保障されてない生活を続けるオルカという旅芸人を追いかけてただけですけどとても面白かったです。
人の数だけ人生があるという当たり前のことを感じました。
ノンフィクションって毛嫌いして見たことなかったけど、結構面白いですね。スカパーで過去の名作を放送してるので、見てみようと思いました。
2007.01.04 The Wild One
今年の初ジョギングしてきました。30日に去年最後のジョギングをしたので、5日ぶりのジョギングでした。年末は体が重くていつもよりも遅めのペースでしか走れなかったんですけど、年が明けても同じでした。どうも体が重いです。太ももの裏を痛めた影響なのかな。それでも何とか無事に初走り行ってきました。

昨日のスキーで疲れてるのかな。ただ滑ってるだけだと思ってたけど、結構汗かいてたし体使ってるみたいですね。慣れないことすると無駄な力とか入って思ってる以上に疲れたりするし、そのせいかな。左腕も原因不明の筋肉痛だし。

お笑いウルトラクイズの録画してたやつ見ました。面白かったです。後半のグダグダさ加減も一種の様式美のように感じられます。ダチョウ倶楽部や出川は言うに及ばず、どっきりの仕掛け人の江守徹と中尾彬、騙されたバナナマン日村、カンニング竹山もいい仕事してました。

残念だったのは春一番や桜金造がいなかったことですね。11年振りということで多少のメンバー変更は仕方ないと思いますし、森三中や安田大サーカスも頑張ってたけど、春一番や桜金造がいないと画面が締まりませんね。たけし軍団もあまり前に出て来てなかったし、年齢的に厳しいのでしょうか。それでも満足です。
やっぱりスージー・クアトロのthe wild oneを聞くと正月だなって気になりますね。
全ての商品には価格があって、需要と供給のバランスによって価格は決まっているらしいです。需要と供給のバランスが崩れると価格は変動し、価格が不適正だと需要と供給のバランスが崩れる。たぶんこんな感じの理屈が働いて価格は設定されるのだと思います。

先月の半ばぐらいから、WOWOWがスカパーにチャンネルを新設しました。WOWOWはリーガ・エスパニョーラ、CSI、ボクシング、映画、と内容が充実してるイメージがあったので以前から興味がありました。加入しようかなと思い値段を調べたのですが、考えるまでもなく加入を見送りました。

1チャンネルで月に2100円かかり、更に加入料とやらを3150円も払わないといけません。正直、これ誰が加入するんだ?って感じです。さすがに新規で加入する人ほとんどいないでしょう。これ入るぐらいなら70チャンネルで3500円とか15チャンネルで2800円とかのパックセットの方にはいるでしょう。

とりあえず1月31日までは980円の加入料なしで見れるので加入しましたが、1月末で解約するつもりです。980円だと加入した人いっぱいいそうだけど、ほとんどの人が1月末で解約するでしょう。それまではリーガ・エスパニョーラ堪能するつもりです。マドンナのライブもやるみたいだし、それも楽しみです。色々録画して年末年始にまとめて見ようかな。

上に書いたような理屈に従えば、しばらく放置してたら勝手に値段下がることになるのでしょうか。いつまで強気の姿勢を貫けるか見物ですね。
2006.12.03 サラダ君
木村拓哉が主演してる映画「武士の一分」が1日から公開となりましたが、初日から平日にも関わらず16万人も動員したそうです。へぇーって感じですね。日本映画が低迷してる時期には見向きもしなかったくせに、日本映画がちょっと元気になってきた途端に映画に進出してくるしたたかさが鼻に付きます。
最終的には観客動員約400万人、興行収入約50億円を見込んでるでるそうです。自分が出てる番組とかいいように使って宣伝してるからその効果もあるんでしょうね。いくら話題になろうとも全く見に行こうって気がしません。
9日から公開になる「硫黄島からの手紙」も話題になってますね。硫黄島の戦いを日本目線とアメリカ目線でそれぞれ描いてます。「硫黄島からの手紙」が日本目線、「父親たちの星条旗」がアメリカ目線。
これにもジャニーズが出てます。ジャニーズってどこにでもしゃしゃり出てこれるほど力持ってるんですね。ジャニーズはあまり映画にまで進出してこないで欲しいな。どうも偏見があって受け付けれないですね。見たら意外と違和感ないのかもしれないなって思うんですけどね。

年末に映画でも見に行こうかなって思ってるので、おもしろそうなのやってたらいいな。
... 続きを読む
日が暮れるのが早くなってきました。夕方ジョギングしてるんですが、今まではまだ日差しが強かったのですが、今日は走ってる途中で太陽が沈んで涼しくていい感じでした。これから走りやすい時期になります。

スカパーの契約変更しようとしてるんですが、月初めはカスタマーセンター繋がりにくいです。繋がりにくいというか、繋がりません。別に今すぐ変更しないといけないってわけでもないから、いいんですけどね。地上波で見かけなくなったタレントをスカパーで見かけるのはよくあるのですが、今日、萩原聖人を見かけました。

通行人に暴行を加えたとかで裁判沙汰になり、和久井映見と離婚したあの人です。俳優として結構期待されてたみたいなのに、最近はドラマも映画も出てないみたいですね。スカパーで見たのも、ドラマでも映画でもなく、マージャン番組です。楽しそうにマージャンやってます。調べてみたらアニメの「アカギ」で声優としてアカギ役をやってるようです。

マージャン好きなのは以前から知ってましたが、本業をほったらかしてやってるのかな。一度だけたまたまマージャンやってたとかじゃなくて、割りと頻繁に見かける気がします。数年前に近代麻雀でインタビューを見た時に、バランス感覚のおかしな人だなって感じたが、ここまでバランスを崩すとは、想像できなかった。

アニメのアカギは見たことないが、今度一度見てみようと思う。萩原聖人もマージャンしてるのが、一番楽しいんだろうけど、役者としてやり直して欲しいなとか思ってます。イメージ悪そうだし、華やかな場所は辛いのかな。
2006.08.13 親友を大切に
世の中は盆休みに突入して出国ラッシュとか帰省ラッシュとか騒いでるが、暇してる人は結構いるのだろう。今日、ツタヤにDVDを借りに行ったのだが、お客さんが大勢いた。
盆休み前から、あるシリーズ物の映画を見てて、続きを借りようと思ってたのだが、貸し出し中になっていた。新作とかちょっと前の作品とかなら仕方ないと割り切れるが、俺が借りようとしたのは、「仁義なき戦い」である。30年ほど前の映画である。先週1作目と2作目を借りた時は全作揃っていて、借りる人あまりいないのかと思っていたが、甘かった。
「仁義なき戦い」とは戦後の広島ヤクザの抗争を描いた映画で、この映画に出演した俳優の多くは今でも活躍している。クエンティン・タランティーノも多大な影響を受けたと語っている。
内容はタイトル通り、仁義もへったくれもない抗争に明け暮れるヤクザの物語で、実話を元に作られているそうです。
昔の映画ですけど、今見ても充分面白いです。まとめて借りれば良かったなって思うぐらい一気に見れてしまいそうです。

仁義なき戦い 仁義なき戦い
菅原文太 (2001/08/10)
東映

この商品の詳細を見る


仁義なき戦い 広島死闘篇 仁義なき戦い 広島死闘篇
菅原文太 (2001/08/10)
東映

この商品の詳細を見る


仁義なき戦い 代理戦争 仁義なき戦い 代理戦争
菅原文太 (2001/08/10)
東映

この商品の詳細を見る


仁義なき戦い 頂上作戦 仁義なき戦い 頂上作戦
菅原文太 (2001/08/10)
東映

この商品の詳細を見る


仁義なき戦い 完結篇 仁義なき戦い 完結篇
菅原文太 (2001/08/10)
東映

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。